バッハインベンション

インベンションとは

創意、思いつき

という意味だそうな


7/26、東京版会館でのハナミズキ室内合奏団結成一周年記念コンサートは

6/30の大賀ホールとは全く違うプログラムだ


ピアノは変わらず横山幸雄さん、ヴィオラは我らがマドンナの大野かおるさん、チェロは同じ苗字なのに?強面なのに心優しい小川和久さん!


前半は単一楽章で弾かれることの多いシューベルトの弦楽トリオで始まり

そしてバッハのインベンション

2声ということは通常右手と左手でお弾きになるもの

バッハが最初に作った順番どおり

弦楽デュオの形とピアノソロを混ぜてみる

舞台上の並びもきっと面白いことになる🤣


モーツァルトのピアノ四重奏曲第2番

有名だけれど横山さんのモーツァルトはあまり想像がつかず

バッハもあまりイメージがない

しかもこのインベンションは人前でプロはあまり弾かない気がする💦

だから聴いてみたかった🤗


フォーレのピアノ四重奏曲第1番は絶対に今回のメンバーは向いている!!


東京には来ることのできない方でこれをお読みの方!

是非どなたかに拡散をお願いします

集客は難しいけれど

やはりどう考えても聴いてもらいたいのです

昔は自分の演奏を聴いてもらいたいなんて

恥ずかしくて言えなかったけれど

今は自分のもがき方含め

あまり他にはないコンサートにその2時間を作り上げることをお約束したい

大賀ホールがそうだったように(^^)




スポンサーサイト

コメント