ずいぶん書きませんでしたが

いただき物のマスクで撮ってみました。

ずいぶん間が空きましたが元気でおります。

皆様はいかがお過ごしでしょうか?

この1ヶ月、そして移動制限が日本中に出始めた3月からはもうすぐ4ヶ月になろうというところで、経済活動もしましょうという世の中の動き。

ハナミズキも来月19日の釜石TETTOでのコンサートを皮切りに始めようと、打ち合わせが入り始めました。


生徒たちや、打ち合わせでいろいろな方と話していて感じることは、この新しい流れに慣れることが大変な人も結構いるということ。

そりゃあそうだと思うのです。

無理です。急に世の中変わってしまった。

みんな同じなんだから嘆くなと言われても、困りますょ。

町の祭りは中止になり、なんだか力が湧かない。イベントは、人を集めずに何かやれ。

文化はどういうお役目を担えばよいのだ?


それでもやはり色々な方が居て、なんとかしようとしてくださる方や、旗を振るのが上手な方、温かな雰囲気で頭フル回転な方。

ハナミズキは、たくさんの方々に支えられています。

最近始めたオケスタ動画もその一部。

教えることは、こちらが教えられること満載な上に、癒されたりもするのです。

特にこれは、その道に進もうと決めている人達ばかり。

どんどん前を見て、コロナもいずれはスペイン風邪のようになるかもしれないのですからね!


夏休みも短くなって、世界中のクラシックの講習会も中止が相次ぎ、子供たちは大変。

成長している人たちは歩みを止めるわけにはいきません。

ハナミズキ室内合奏団のメンバーはというと、オーケストラが動いていない間、エチュード(練習曲)をやっている人が多いみたい。

今年度、広いところで一般公開は無しの講習会を、仙台以外でもやる計画が固まり始めました。

コンサートの話と合わせて、次はその話にしますね。



スポンサーサイト

コメント