オケスタラボ開催します

私は一体何年オーケストラなどのアンサンブルをやってきたのか?


幼稚園の年長さんから通った相愛音楽大学の音楽教室では毎週土曜日にあり

それを小1から7年間


東京に父の転勤で引っ越してからの2年間はやりませんでしたが

高校からロイヤルアカデミー卒業までは授業にあった9年間


帰国して働くようになってからは

在京、地方オケに行くようになりましたから

そこからは25年間オーケストラをやっている計算ですから

トータル41年も!!


学生達がオーケストラで弾くためにどう勉強したら良いのかわからないというので

私のやり方を全てご披露することにしました🙂


受講生にもどうやっているのかを見せてもらいながら何が分からないのか

何が不足しているのか

お互いに検証していく

音源を実際に使いながらどう聴くのか

スコアはどう活用するのか

当然実際に弾いてみたらうまくいかないこともあるので

個人レッスン的な事も必要でしょう

それをまず二日間やります


三日目は実践しながらの検証です

仙台ジュニアを振ってらっしゃる平川さんにお越しいただき

弦楽合奏の形を作りたいと考えています

プロアマ問わず、このセッションをじっくり見たい方、そして一緒に音を出してみたい方!

ハナミズキを通してご連絡下さい

受講生とは別に募集します


かなりシビアな内容になるかと思われます

指揮者がどう振ったように見えたのか

だからどうしたのか

隣はどうしたと思うか

1人うまく弾けていたとしても団体でやるとうまくいかなくなるのは

この部分の耳や感性のトレーニングをしていないせいだと思います


オーケストラスタディは難しいことではありません

ただ、ソロを練習する事よりも気にしてやっておくことが多いのです

それを分かっているだけでも違うでしょうし

準備できたら一味も二味も違うアンサンブルが出来るでしょう


自らの音や理解力、まとめる力を身につければ必ず必要とされます

ある人はリーダーとして

ある人はtutti として徒党を組んだような音の厚みを周りと形成できる

そうなれば自信もつくと同時に楽しくなれるはずです


この四日間を一度受講したら

2度目は無しです…だって私の全てをお渡ししトレーニングするのですから!

身につけたものは使ってもらい

いつか次の世代に伝えて欲しいと思います


スポンサーサイト

コメント