東京での発表会

東京の生徒たちの発表会はいつもこの時期

音大受験の前に試し弾きしてもらうためです

仙台の発表会は夏休み入ってすぐ!


2年ぶりに母が聴きに来てくれました

今年で第23回になりますが

体調を完全に崩して病院以外は外に出られなくなった母

一時期はもうダメだとも思いましたが

なんとか踏ん張り頑張ってくれた

2時間を超えるお出かけがどんな影響を及ぼすか本人も周りも心配でしたが

思ったほどのこともなくて本人も嬉しそう

私も安堵しました

これなら初夏の軽井沢、大賀ホールのコンサートも聴きに行けるかもしれないね、母ちゃん‼

ステンドグラスクッキー

手作りクッキー(*^◯^*)

これ、ステンドグラスクッキーと言うんだそうです

飴を溶かすんだって!

凄いなぁ

キレイで可愛い💕💕

アタシ最近作ってないなぁ

あたたかな贈り物

先週の怒涛の仙フィル定期

何が大変だったかといいますと

プロコフィエフ、ハイドン、ベートーベン

交響曲ばかり

こういうものは2ndバイオリンは細かい音符だらけを高速でやっています_:(´ཀ`」 ∠):


いつも金曜日の夜にいらしている老夫婦

10月でしたかお見送り時に

奥様から声をかけて頂きました


大事にしていたグリーンのスカーフを貰ってもらえませんか

ずっと考えてたんだけど

お似合いだと思うの!


そして先週金曜日に

綺麗にラッピングして下さったものを譲り受けました

あたたかなお気持ちがとても嬉しかった❤

あんな方になりたいなぁ


岩沼サロンコンサートシリーズ完結

お陰様をもちまして

4回のシリーズは無事に終演しました!


毎回少しずつお客様が増え

今回が初めてのお客様も結構いらっしゃってとてもうれしかったです


コンサートの中でのトークで

共演のお三方に

10年後、20年後にやってみたいことや

なってみたいものはありませんか?

とお伺いしたところ


まずは健康である事!

を2人が掲げていました

私もその部分は本当に大事だと最近特に思うのです

元気なら何でもトライできるもんねー


みんなで元気にガンバロー(⌒▽⌒)


楽器体験コーナー直前にヴァイオリン弾ける?と渡してみたら

ナント!メンデルスゾーンのコンチェルト一ページ目をお弾きになった菊ちゃんでした

あーびっくりした‼

岩沼サロンコンサート 冬の陣

いよいよ春夏秋冬と開催された岩沼サロンコンサートシリーズが 1/20(日)で完結します!


今回はハナミズキ室内合奏団メンバーの中でも特に共演回数の多いお三方が登場して締めくくります(*^▽^*)


プログラムはそれぞれの楽器のソロもあり

ピアノ四重奏までの編成をお楽しみください


12:30からの楽器体験コーナーは弦楽器の予定

恥ずかしがらずにトライしてみましょう

貴方の知らない世界〜〜(*´∀`)♪

細胞が活性化します‼





大船渡の今

この向こう側にはすぐ海があって


川にはシャケ!が登って来ていたようですね


車で側を通っても海がそこにあるとは分からなかった

いざという時に住民が逃げる時間を確保するための防潮堤

これで良いのか


震災から8年

何にもなくなった場所に少しずつ人や建物が出来て命が戻って来た町はたくさんある

そこにあの防潮堤は私にはやはり違和感がある



年始仕事始め

今年のお正月は餅つきも見られて

獅子舞に噛んで貰いました

ん?噛んでって言うのかな?


年始最初のレッスンを朝一番に仙台でやってから上京しています


仙台の生徒達の発表会は夏ですが

東京は2月頭くらいの

受験生には一度緊張して弾いておけるタイミングにやっていて

今年は2/3、武蔵小金井の宮地楽器店内ホールです。

一般のお客様もお店にはいらしているので

ホールにも入って来ていただきたい!

皆さんどうぞー🤗

あけましておめでとうございます

新しい年を迎え

新鮮な気持ちでこれまでとこれからを見直し

やっていきたいと思います😋

どうぞ宜しくお願い致します


今年は初めて元旦に初詣をし鐘をつきました

おみくじは小吉😙

周りの協力をあおぎながら地道に努力をし続けよとのこと!

そうします(๑˃̵ᴗ˂̵)

平成最後の大晦日

おかげさまで

大変有意義な一年となりました

ハナミズキに関わってくださったすべての皆様

聴きにいらしてくださった皆様に深く感謝致します


明日からの未来を見ながら

カンパーイ(((o(*゚▽゚*)o)))♡




オケスタラボ開催します

私は一体何年オーケストラなどのアンサンブルをやってきたのか?


幼稚園の年長さんから通った相愛音楽大学の音楽教室では毎週土曜日にあり

それを小1から7年間


東京に父の転勤で引っ越してからの2年間はやりませんでしたが

高校からロイヤルアカデミー卒業までは授業にあった9年間


帰国して働くようになってからは

在京、地方オケに行くようになりましたから

そこからは25年間オーケストラをやっている計算ですから

トータル41年も!!


学生達がオーケストラで弾くためにどう勉強したら良いのかわからないというので

私のやり方を全てご披露することにしました🙂


受講生にもどうやっているのかを見せてもらいながら何が分からないのか

何が不足しているのか

お互いに検証していく

音源を実際に使いながらどう聴くのか

スコアはどう活用するのか

当然実際に弾いてみたらうまくいかないこともあるので

個人レッスン的な事も必要でしょう

それをまず二日間やります


三日目は実践しながらの検証です

仙台ジュニアを振ってらっしゃる平川さんにお越しいただき

弦楽合奏の形を作りたいと考えています

プロアマ問わず、このセッションをじっくり見たい方、そして一緒に音を出してみたい方!

ハナミズキを通してご連絡下さい

受講生とは別に募集します


かなりシビアな内容になるかと思われます

指揮者がどう振ったように見えたのか

だからどうしたのか

隣はどうしたと思うか

1人うまく弾けていたとしても団体でやるとうまくいかなくなるのは

この部分の耳や感性のトレーニングをしていないせいだと思います


オーケストラスタディは難しいことではありません

ただ、ソロを練習する事よりも気にしてやっておくことが多いのです

それを分かっているだけでも違うでしょうし

準備できたら一味も二味も違うアンサンブルが出来るでしょう


自らの音や理解力、まとめる力を身につければ必ず必要とされます

ある人はリーダーとして

ある人はtutti として徒党を組んだような音の厚みを周りと形成できる

そうなれば自信もつくと同時に楽しくなれるはずです


この四日間を一度受講したら

2度目は無しです…だって私の全てをお渡ししトレーニングするのですから!

身につけたものは使ってもらい

いつか次の世代に伝えて欲しいと思います