アンコール曲

いま新幹線の中

東京公演のリハーサルに向かっている


コンサートのアンコールというものは

本当ならお客様のお気持ちに応える形でありたいが準備をある程度させていただく

コンサートの1番最後を締めくくる曲というものを考えるのは楽しくもあり難しい😄


日頃の生活の中で音を生業にしている自分は

あまり音に癒されないと思っていた

もちろん、これまでに何度か

感動というものや癒されるとはこういう事なのかと体感したことはある


今回のアンコールは

いま私を一瞬にして柔らかい温かな気持ちにさせてくれた!

みなさまにもお届けします




西谷さん東響ご卒業です

本日、ひとりのチェリストがホームを卒業されます

定年ではない去り方はホームにも影響があるはず

必ずその日は来るのだけれど

その人の過ごし方が如実に現れます


沢山の経験、繋がりをもらったこれまでのことを宝物に

これからも益々活躍されることでしょう!


9月には仙台で

ヴァイオリンとチェロだけのコンサートをお相手して頂きます(^^)

教会のような響きのパトナホールで

バッハを弾いたりコダーイのデュオを弾く

良い時間になるはずです🤗

バッハインベンション

インベンションとは

創意、思いつき

という意味だそうな


7/26、東京版会館でのハナミズキ室内合奏団結成一周年記念コンサートは

6/30の大賀ホールとは全く違うプログラムだ


ピアノは変わらず横山幸雄さん、ヴィオラは我らがマドンナの大野かおるさん、チェロは同じ苗字なのに?強面なのに心優しい小川和久さん!


前半は単一楽章で弾かれることの多いシューベルトの弦楽トリオで始まり

そしてバッハのインベンション

2声ということは通常右手と左手でお弾きになるもの

バッハが最初に作った順番どおり

弦楽デュオの形とピアノソロを混ぜてみる

舞台上の並びもきっと面白いことになる🤣


モーツァルトのピアノ四重奏曲第2番

有名だけれど横山さんのモーツァルトはあまり想像がつかず

バッハもあまりイメージがない

しかもこのインベンションは人前でプロはあまり弾かない気がする💦

だから聴いてみたかった🤗


フォーレのピアノ四重奏曲第1番は絶対に今回のメンバーは向いている!!


東京には来ることのできない方でこれをお読みの方!

是非どなたかに拡散をお願いします

集客は難しいけれど

やはりどう考えても聴いてもらいたいのです

昔は自分の演奏を聴いてもらいたいなんて

恥ずかしくて言えなかったけれど

今は自分のもがき方含め

あまり他にはないコンサートにその2時間を作り上げることをお約束したい

大賀ホールがそうだったように(^^)




能代楽しく終了!

子供達はペットボトルに貝がらを入れたシャカシャカ楽器を自分で作って 
クラリネットやヴァイオリンも体験!
最後はみんな舞台に上がっておいでー伴奏するよー(^^)と
こっちが泣きそうでした!楽しすぎる!

ちゃんとタイスの瞑想曲など静かに聞く事も出来て
能代の子供達は賢くて素直な 
ちょっぴりシャイなステキな子供達でした 

能代で楽しく(〃ω〃)

明日、5人のプレーヤーと遊びましょ!

能代でお待ちしています(⌒▽⌒)

楽器体験もあるよ!

横山幸雄というピアニスト

先日の大賀ホールでの一枚

和やかな雰囲気(^^)

コンサートの感想については当日のブログにも書いたが今回は横山さんについて書きたい


私は長年オーケストラで彼の伴奏をしてきたという自負??があり

ペダルの達人で濁りや曇りのない音色を持ちながらオーケストラとの対話も出来る人

だと思ってきた


今回のリハーサル二回では

ほとんどは通して弾いただけだ

それは篠崎友美や菊地知也もそれぞれが相当なアンテナを持っているということ

どうも私はアンテナを持っている方に惚れるらしい(*≧∀≦*)


あ、その逆もたまにあります!

スパン!と物事言ってしまえるの、良いなぁなんて思うこともあるけど、そうね、やはりそれによってどうなるか計算済みだったりするんだから

やっぱりアンテナ持ちか?!


大賀で弾いたブラームスのピアノ四重奏第1番は初めて弾いた

私はありったけのアンテナを張って

3人の音楽をなるべく早く吸収しヴァイオリンが為すべきこと、リードしていくために必要なことを感じるようにしたリハーサルだった


横山さんは伴奏のようについていくわけではなく、かといって引っ張るタイプでもない

けれど確実にこれまでご一緒したピアニストとは違ったスキルをお持ちだった

それはコンチェルトの時には殆ど感じなかったもので、その場で作り上げていくことの最上級のものだった


音楽好きな方にも、そして本当は今活躍のピアニストにも聴いてもらいたい!

スキルを持った方々であればなおさら、何かを盗めるはず!

そしてハナミズキ室内合奏団のコンサートはトークを挟む形だ

約2時間全体を通して、ご来場の方に癒しだったり、幸せ感をお持ち帰り頂く

この一年半でほんの少し自信を持った部分です🤗


仙台ヴァイオリンセミナー募集中

才能豊かで将来を嘱望される若手ヴァイオリニストが集まり切磋琢磨する場です。 育成活動は、技術面のみならず、総合的観点から優れたヴァイオリニストを輩出 すべく開催します。

〇講師は、小川有紀子先生1人で対応します。3泊4日のセミナー期間を通じて 集中的に6回前後のレッスンを設定します。

〇全て公開レッスンで、他の受講生のレッスンも観覧できます。一般にも公開されます。 〇受講される方々の目的もさまざまです。

音楽高校・大学受験、コンクール、プロの音楽家を目指してのステップアップ。

〇東日本大震災復興支援を目的に、アウトリーチの形式で宮城県亘理郡山元町のふじ幼稚園にお邪魔して地元の皆さまにミニコンサートをお届けします。 


2019年8月13日(火曜日) 10:00~21:00

14日(水曜日) 9:00~21:00 (13:00~16:00 復興支援訪問コンサート) 15日(木曜日) 9:00~21:00

16日(金曜日) 9:00~18:30 (成果発表会:16:00~17:30)


: 岩沼市民会館

〒989-2427 宮城県岩沼市里の杜一丁目2-45


受講料: 90,000円 ※セミナー期間中の食事・ケータリング・傷害保険費用・その他セミナー期間中に関わる費用は含まれています。

各自個人負担分: セミナー会場(岩沼市民会館)までの往復交通費、期間中の宿泊施設費用。 


ピアノ伴奏 加納麻衣子


その他

セミナー期間中の傷害保険は、お住まいからの往復移動行程も含みます。 本セミナーは、基本 9:00 から 21:00 までのスケジュールで運営されます。

合宿形式として、岩沼市民会館近くの宿泊施設を確保します。 確保は、仙台ヴァイオリンセミナー事務局で取りまとめ支払は個人清算です。


応募方法

受講曲を2~3曲程度ご用意ください(音階も1曲とし OK です )。 ご不明な点は、随時対応させていただきます。 ※応募に際して、下記要件をご提出ください。

1受講される方のお名前 2ご住所 3学校名学年 4ヴァイオリンを始められたおおよその年齢(経験) 5音楽歴 6未成年の場合、保護者の方のお名前及び連絡がつく電話番号。

2019年7月20日(土曜日)〆切

 ※郵便の場合、消印有効。 メール・郵送・ファックスにて、ご応募ください。

応募・お問合せ先 : 株式会社ハナミズキ音楽事務所

仙台ヴァイオリンセミナー事務局 日下禎人 〒981-0915 仙台市青葉区通町1-7-24-2801

<TEL> 070-2644-6015 <FAX> 022-728-5045 <E-mail> hanamizuki@ac.cyberhome.ne.jp



大賀ホール終了

憧れの大賀ホール終演致しました

盛りだくさんなプログラムで共演者全員が(曲を選んだワタクシ含めて💦)目を見合わせる場面多数でしたが

何かとてもこれまでとは違うものを頂きました


音楽に没頭している本番を迎えられることがどのくらい幸せなことか

それはたくさんの方の協力があってこそ

そして今の自分があるのは家族や友人、仲間のお陰だなぁとなぜか弾きながら思ったのでした


もっとお客様を集められるようにはなりたいけれど

お客様からの感想は嬉しい😆


まるでこの4人で組んでいるような連帯感が感じられた

横山さんの室内楽はスゴイ!コンチェルトの時とは違うものも感じられた

異次元のものを聴かせてもらいました

ナドナド…


4人の人柄が伝わったかしら??

とにかくオガワは幸せでありました

ありがとうございました😊



中軽井沢駅くつかけコンサート終了!

終わったばかりですー

汗だく💦💦


小品もあったけれどメインはコダーイのデュオソナタ全楽章!

お客様のすごい集中力を感じました

やってよかった(^^)


明日は全く違うプログラムで大賀ホール

横山君と篠崎さんジョインです❤


山元町ひだまりホール復興コンサート

26日大騒ぎ&楽しく終了しました!