バルトークのヴァイオリンコンチェルト

今日から仙台国際コンクールvnセミファイナルが3日間

プロコフィエフの1番

バルトークの2番

ストラビンスキーから一曲チョイスしたものとコンサートマスターの席に座って

オーケストラの曲の中のソロを弾くという初めての試みです


バルトークを選ぶ方が12名の中に約半数

予選のバッハのコンチェルトの時にも思ったけれど

自分が学生時代よく言われたのは

どう弾きたいのかアピールを!だった

いまは皆さん良い意味でアピール力が素晴らしい

思ったままを自由に表現できるテクニックもあるということだと思うが

何を良しとするのか難しいなと思う


バルトークの2番の2楽章

ロンドン留学時

師ジョルジュ パウクのレッスン


この冒頭はね

戦争の中バルトークはお父さんもお母さんもなくなって周りの人にコンセルバトワールに逃げて!って言われて1人で逃げた

その時にことを書いてるんだって

どこに行こう、どうしようという不安なんだ


当時私が受けた印象は

きっとその時にバルトークが見上げた空は青空だった…


いまだにパウクが弾いたバルトークのコンチェルトが1番だと言ってくれるプレーヤーは多いし私もそう思う


こういう実話を知っていることは宝だと思う一方で、魅力的に弾くこと、聴いている私達や審査員、お客様の感覚、様々なものの総合で今後の歩みは変わっていくことができると感じている

順位も大事

そしてこの先何十年という時間が待っている





エフエム佐久平に出演!

今朝は東京におりましたが

朝8:40からの20分間

大賀ホールの宣伝とハナミズキ室内合奏団の話などをさせていただきました!

なんと電話取材です

便利な世の中です、ほんとっ!


わずか20分間の中でもDJ中村さんが

とても沢山引き出してくださったように思います

いつか佐久平でもコンサートしてみたいなぁ


音楽はナマモノである!

現在、仙台国際コンクール

ピアノ部門開催中である

先週はセミファイナル、今週は今日から三日間に渡りファイナルだ


コンサート形式というのか

今回はモーツァルトとほかのコンチェルトという1人2曲の選択だが続けて弾くわけではない

毎日コンサート前半は2人がモーツァルト

後半は別な2人がほかのコンチェルトを弾く

計4曲、4人の演奏が三日間催される


コンテスタントとの合わせや本番前の直前リハーサル

そして本番といつも思う事ながら音楽とはいかにナマモノであるか!

いつも同じテンポで弾けることはとても大切だと思うがその場にあるオーケストラやソリスト自身の音色は多彩だ

結果、ナマモノをどう扱うか、先を見越しながらどう料理するのか

総合力も要求されるのかもしれない

音楽って凄いなぁと感心させて下さるコンテスタントと指揮者に感謝です(^^)


中軽井沢駅コン

あと1ヶ月を切りました!

大賀ホールでのピアノ四重奏6/30の前日に

くつかけテラスで長年やってらっしゃる駅コンにチェロ菊地さんとデュオだけの1時間プログラムです


いやーシビれます!

無料ですょー



父の誕生日

こちらは母の日に送ったもの

数日前に16個も咲いたーと母が写メしてくれた(^^)


で昨日は父の誕生日だった

恒例のお祝いメールの前に今週中に届くよう

花よりダンゴな父向きなものを送っておいた

朝から父は向田邦子さんの文学の会

午後は映画の鑑賞教室と忙しかったらしい


好きなものをずっと勉強しているのは本当にすごい事だと思う

そして母の具合が悪くなって以来家事を担って一心にやってくれている

こういう男性は時々いるのだろうが

我が父としても偉大なヒトです

しかも食の好みは自分と似ているため

大抵は外しません╰(*´︶`*)╯♡


月二回は東京に帰るが

実家がホッと出来る場所なのは本当に有難いと思う

私は家族にも恵まれている

パパもママも長生きしておくれー(๑˃̵ᴗ˂̵)


岩沼サロンコンサート終了!

楽器体験コーナー、そして一時間程のプログラムが無事終わりました

予想外の当日券の売れ行きだったそうで

椅子を二列も増やしたそうです!

昨年度より完全にお客様が増えている事に手応えを感じます

全てはお客様の好奇心から起こる事

前回が良ければきっと次回もある

初めての方はどうやったら足が向くのか

集客というものには確かに悩まされますが

実際に演奏に入りトークしながらお顔を拝見していると

一期一会かもしれないこの時を素敵なものにしなければといつも感じます


また次もがんばるぞ(๑>◡<๑)

今週末は岩沼サロンコンサート

昨年度は春夏秋冬の4回戦

今年度は2回に凝縮(^^)された岩沼サロンコンサート


とあるお客様に先日ささやかれました


小川さん、岩沼のチラシ見たよー

きれいどころがたくさんだねー


(((o(*゚▽゚*)o)))♡


なぜか美人で腕のあるきれいどころは

男前な方が多いです←小川の見解デス


一回戦目の5/12は

昨年度はやらなかった弦楽四重奏をちゃんと聴く!を入れました

ドヴォルザークの「アメリカ」です


弦楽トリオのコダーイ

あとは四重奏でイエスタデイ、ベートーヴェンのカヴァティーナ、そしてアメリカ

どれも王道を行く傑作であり

心に入ってくるものばかり

カヴァティーナを岩沼で生で聴くことはないのではないでしょうか

仙台でもあまりないですからね!

楽器体験もちゃんとありますので寄ってらっしゃい見てらっしゃい(^^)

損はさせません(*⁰▿⁰*)

中目黒ヨハンのチーズケーキです

矢嶋先生のお宅近くにあるチーズケーキ

レッスン後に必ず出してくださったんです

夕飯時の時はお寿司とってくださって

デザートにこれ!

テイクアウト、郵送出来ます

王道のお味です🥰


35年前に通った中目黒

東京から仙台に戻ろうかと思ったら

弓の不具合が起こり

急遽代官山のミュージックプラザさんへ

駆け込むことになった


待ち時間2時間弱

故矢嶋佳子先生のアパートへ行ってみた

2年前の1月に亡くなられたけれど

そとひと月前にメールのやり取りをして

年に一回のデートを延期したところだった

延期の理由は私が忙しかったからだ


なぜ亡くなられたか人から聞いたけれど

解せなくて

しかもお葬式にも行けなかった


あの時もう一回私がメールでもしていれば

ちょうど入院したところだったかもしれない

わかっていれば

1回目の手術成功のあとにでもお見舞いに行って先生をさすってあげられたかもしれない

老後は仙台もいいわねぇと言ってくださってたのに!


中2で東京に来てから通った場所

駅の改札からほとんどが変化していたけれど

目はむかしの面影を探してみている感じ

気が晴れるかと思ったのだけど

後悔の念はそう消えるものではないんだな

先生、私が来たの分かりましたか?


チケット発売中

本チラシです!全席指定で

お求めは各ホールプレイガイド、ハナミズキ音楽事務所HP  hanamizuki-sendai.com

チケットぴあ 
 0570-02-9999(Pコード:147-950)
イープラス     https://eplus.jp/hanamizuki-sendai/ 
ローソンチケット

0570-084-002(Lコード35017)


今回のプログラムの挑戦ポイント🤒

大賀ホールではコダーイのインテルメッツォという東欧の雰囲気たっぷりの弦楽トリオと


無言歌といえばメンデルスゾーンですが、沢山書いているこのピアノ曲からvn+P、

ピアノソロ、va+P と並べ

チェロはアザラシヴィリの無言歌を弾いて下さいます

アザラシヴィリはグルジアの作曲家

世界で活躍する山田和樹さんが指揮者を目指すきっかけになった曲なのだそうです❤


東京文化会館では

バッハのインベンションをこれまたピアノだけでなく弦楽器同士のアンサンブルでも素敵なので

当時の書かれた順で弾いてみます


ショパンやフランスもののイメージのある横山氏が少し違う味のものをどう調理されるのか楽しみで

こういった小品やシューベルト、モーツァルト、ブラームス、フォーレと盛りだくさんにし、2つのプログラムを作りました


軽井沢のほうは日曜日のマチネですから

歩いて数分のアウトレットも寄ってバスで往復する小旅行なんて事も!

今回は2公演用のパスポートチケットも作りましたのでそちらをどうぞ〜(๑>◡<๑)